わんくま同盟

わんくま同盟

メニュー

わんくま同盟

  勉強会情報

  メンバリスト

掲示板

ブログ

リンク

コメント

リンクはご自由にどぞ。
上のバナーでどぞ。
バナーは直リンクでどぞ。
加盟団体

GITCA/UGSS

上記イベント
申し込み受付中

わんくま同盟 名古屋勉強会 #2

後援:INETAロゴ/Culminis

セッションビデオ

セッション名 wmv
「How To WPF アプリケーション Part2」 中博俊 (259MB)
「匠の伝承。マルチな時代の設計と開発。」 ゆーち (311MB)
「WinUnit - お気楽お手軽UnitTest」 by επιστημη (443MB)
「Visual Studio 2008 でやるテスト駆動開発」 by biacさん (477MB)
「MFC Feature Pack で幸せになれるか?」 by りょーいち (396MB)

セッション資料

セッション名 同一の内容です 
ppt pptx doc&xls docx&xlsx html pdf xps その他
「How To WPF アプリケーション Part2」 中博俊 ppt(480KB) pptx(260KB)     html(合計35.4MB) pdf(1343KB) xps(795KB)  
「匠の伝承。マルチな時代の設計と開発。」 ゆーち ppt(934KB) pptx(310KB)     html(合計1.9MB) pdf(875KB) xps(1313KB)  
「WinUnit - お気楽お手軽UnitTest」 by επιστημη ppt(340KB) pptx(168KB)     html(合計568KB) pdf(233KB) xps(293KB)  
「Visual Studio 2008 でやるテスト駆動開発」 by biacさん ppt(2670KB) pptx(2525KB)     html(合計2.9MB) pdf(912KB) xps(901KB)  
「MFC Feature Pack で幸せになれるか?」 by りょーいち ppt(4495KB) pptx(4285KB)     html(合計35.4MB) pdf(847KB) xps(924KB)  

今回の勉強会情報報

わんくま名古屋勉強会も第2回。今回はCLTということで、新しいVisual Studio 2008関連セッションもあります。ぜひご参加ください。 2008/04/26(土) 13:30~18:30 吹上ホール 4F 第7会議室第1室

会場情報:〒464-0856 名古屋市千種区吹上二丁目6番3号 名古屋市中小企業振興会館5階
TEL:TEL: (052)735-2111 FAX: (052)735-2116

アクセス情報 :
地下鉄桜通線 吹上駅 5番出口より徒歩5分

ステップバイステップによる会場までの行き方:名古屋 吹上ホール

参加料(寄付):目安1,000円 (今後のサーバ増強費、回線費、講師交通費などに充当させていただきます。よろしくおねがいいたします。)

セッション内容(予定)

レベルについて

スピーカー紹介

名前 写真 一言
中博俊 Visual Studio 2008使ってますか?非常に便利になっているのでぜひ皆さんつかいましょうね。今回もWPFについて取り上げます。
大好きなWPFをしゃべることができることも幸せです。ハイ。
ゆーち 振り返ってみると二十数年のキャリアで関わったプロジェクトのほとんどがデスマーチでした。
_| ̄|○
時代の変遷の理由と背景とを肌で感じながら習得してきたワザの数々(おおげさw)を、ぼちぼち伝承していきたいな、と思っています。
エンジニアの方々に有益で幸せになれるお話ができたらいいなぁ。と。
επιστημη 納期が迫ると真っ先に端折られるのが単体テスト。
やっときゃよかったと後悔するのも単体テスト。
ちゃっちゃと済ませられるなら端折んなくてもいいじゃない。
biacさん 生まれも育ちも名古屋です。今回は、 テスト駆動開発の実際をデモを交えて紹介します。
Visual Studio 2008 での TDD は、 JNnit / NUnit とは少し違ったテクニックが使えたりしますので、 xUnit バリバリだぜ~ って人にも損はさせません。
でも、 コーディングのデモを交えてやるのは初めてなので、 たくさん失敗こくでしょうから、 そこは突っ込んでやってください。
りょーいち シュウたんの飼い主の人です。
名古屋でのコミュニティ活動を盛り上げるために今回も頑張ります。
今回は日本語化マダー?の MFC Feature Pack についてお話します。

懇親会

会場近隣にて実施、予算4,000で実施します。

お問合せ先

メール:naka@wankuma.com
電話:締め切り時点で全員の参加者様に連絡先をお送りします。

Q & A

Q.今回の勉強会に部外者は参加できますか?

A.どなたでも勉強会に参加できます。Welcomeです。部外者だなんて言わないでください。(^^
wankuma.comドメインの情報を見ている皆さんが参加者です。(^^

Q.参加料は何に使われるのですか?

A.わんくま同盟用のサーバ費、通信費、講師交通費などに利用されます。
ご協力よろしくお願いします。

Q.入場できない場合がありますか?

A1.応募したものの、すでに規定数に達していた場合。
A2.飲酒されている場合。進行に大きな支障がある場合。スタッフの指示に従わない場合。などがあります。気持ちよく参加しましょう。

Q.途中入場、途中退出ができますか?

A.全く問題がありません。バッジなどの返却などがありますので、受付などに相談してください。

Q.ふざけない勉強会ですか?

A.すいません。フォーマルな勉強会ではありません。変装スピーカーなんかもいるくらいです。みんなで楽しくやりましょうというコンセプトです。でもその中で1つでもなにか持って帰っていただければと思います。

登録フォーム

下記で収集する個人情報は、今回のイベントの出席・会場整理管理にのみ利用します。
下記に記述された内容は、中博俊およびスタッフに直接メールされます。ご理解よろしくお願いいたします。
折り返し整理番号の入ったメールをお送りしますので、到着しない場合には問い合わせください。

先着40名限定!!(現在応募: )

Copyright© 2005-2006 わんくま同盟 All Rights Reserved